メインイメージ画像

コンタクトレンズの使用後のケアの方法について

コンタクトレンズは目の中に直接入れて使うものだけに、使用すればいろいろな汚れが付着します。外的要因としては、汗やほこり、化粧品、手の汚れなどです。また、体内からの分泌物として、タンパク質やカルシウム、脂質などは、涙を通してコンタクトレンズに付着します。これらの汚れや成分をそのままにしておくと、レンズに汚れが蓄積し見えにくくなったり細菌やカビが繁殖したりする原因となり、気付かずに使用を続けていれば、目に重大な障害が起こる可能性があります。



コンタクトレンズにはいろいろな種類がありますが、お手入れ無しで使えるのは、1日使い捨てタイプのものだけです。それ以外の使い捨てレンズ、長期間使えるレンズは、使用する毎のケアが欠かせません。レンズのお手入れ方法としては、こすり洗いが基本です。つけ置きをするだけでは、レンズの汚れを浮き上がらせることは可能ですが、汚れを落とすところまでは出来ません。

こすり洗いをすることによって、レンズ表面に付いた汚れや雑菌を落とすことが可能になります。なお、こすり洗いをする時は、レンズに対して一方方向に指を動かすようにしましょう。

ハードコンタクトレンズの場合、以前はレンズ表面に付着したタンパク質を除去する強力な洗浄剤を週に1回ヶ月に1回行う方法で快適さを保っていましたが、最近は普段のケア用品の中に強力なタンパク除去ができる成分が入っているものが主流となり、以前に比べて手間を省くことができるようになっています。

ソフトコンタクトレンズの場合も、以前は煮沸消毒が必要で、これがとても手間でした。

しかし、最近は、洗浄、すすぎ、保存、消毒を1つの溶液で行えるマルチパーパスソリューションがケアの主流となっており、面倒だったソフトレンズの手入れが手軽に行えるようになりました。しかし、手軽になった分、自己流で不適切なケアをしていて目に重大な被害が生じている場合もあります。快適なコンタクトレンズ生活を送るためにも、今一度ケアの方法を見直していくことが必要です。