メインイメージ画像

コンタクトレンズの交換日は守らなければいけません

コンタクトレンズは、一度買うと長期間にわたって使えるタイプと使い捨てのタイプとがあります。レンズの種類はハードレンズとソフトレンズがあり、長期間にわたって使えるタイプはハードレンズ、ソフトレンズどちらもあります。使い捨てタイプはソフトレンズのみになります。使い捨てタイプは、1日使い捨てタイプ以外の1週間、2週間、1ヶ月使い捨てタイプは日々のお手入れが必要です。

長期間使えるタイプも、日々のお手入れをしながら使っていきます。

コンタクトレンズを交換するタイミングですが、長期間使うものは、手入れをしていても、どうしても小さい傷がついたり汚れが付着して取れなくなったりして、見えづらくなることがあります。
それを気付かないまま使い続けていると、目に重大な障害が起こる可能性があります。そのために、定期的に眼科医の診察を受け、コンタクトレンズの度数やカーブが目に合っているか、レンズの状態が使い続けられる状態かどうかを診断してもらう必要があります。



長期間使うものに関しては、ハードレンズは2年から3年、ソフトレンズは1年から1年半は使用可能とされています。しかし、手入れの仕方が杜撰な場合は、この年数よりも早く交換しなければならない時期が来てしまうこともあり得ます。コンタクトレンズは直接目に入れるものであり、医療器具ですので、お手入れは定められた方法できちんと行いましょう。使い捨てタイプのものについては、1日使い捨てのものは、外してしまったら再度はめることは出来ませんので、その都度新しいものを使用します。



1週間、2週間、1ヶ月使い捨てタイプは、その商品毎に定められた日数までは、使用後のお手入れを行いながら使い、規定の日数が来たところで新しいものに換えます。コンタクトレンズの使用に慣れてくると、交換時期をうっかり忘れてしまうことがあります。それを避けるために、メーカーによっては、登録しておけば交換日をメールにて知らせてくれるサービスを行っているところがあります。登録料はかかりませんので、忘れてしまいがちな人は利用すると良いでしょう。