メインイメージ画像

遠視の人もコンタクトレンズで矯正できます

眼が疲れやすくて眼科を受診したら遠視と診断された、という方もいるのではないでしょうか。しかし、近視は、よく聞くし周りにも近視の人がいるから症状がわかるけれど、遠視ってどんな症状なのかあまり分からないという方も多いでしょう。では遠視とはどういった状態なのでしょう。

コンタクトレンズで鮮明な視界をあなたに

近視は、遠くのものを見るときにぼやけて見えない症状、逆に遠視は遠くが見えるけれど近くのものはぼやけてしまう、と思っている方が多くいるでしょう。これは大きな間違いで、遠視とは近くであっても遠くであっても焦点が合わず見えにくい症状の目のことをいいます。通常、目は遠くからの景色などを見るとき、光がレンズの役割を果たす角膜と、ピントを合わせる役割を持つ水晶体に入り、目の奥の網膜で画像を合わせることによって見ることができます。しかし遠視の場合、網膜でピントが合わないため、近くであろうと遠くであろうと焦点が合わずにぼやけて見えてしまうのです。つまり遠視とは、近くは見えにくいが遠くはよく見えるというのではなく、目が開いている状態では常に見えにくい目の状態のことをいうのです。

遠視も近視と同じように視力矯正を必要とします。上記にあるよう、遠視は目が開いている状態では常に目のピントを合わせなければ見えにくい状態ですので、矯正は必要になります。特に子どもが遠視と診断された場合、早い段階での視力矯正を行う方がよいのですが、それにはどういった理由があるのでしょう。子どもの目は大人に比べてピントを合わせる力が強く、常に目の筋肉がピント合わせに使われているため、集中力に欠けて疲れやすくなってしまいます。そのため早い段階で眼鏡による視力矯正を行うことになります。眼鏡での矯正を行うことで、網膜でピントが合うよう光を取り込めるので、視力を育てていくことができるのです。大人の遠視の場合も、軽度であれば矯正をしていなくてもピント合わせができますが、子どもの遠視と同様、ピント合わせのために目に大きな負担をかけることになります。そのため、疲れ目や集中力の低下の他にも、肩こりや頭痛など他の症状も伴うようになってしまいます。大人の遠視の場合も視力の矯正は必要になりますが、子どものように視力を育てることが難しいため、場合によっては手術を行って治療することもあります。

子どもであろうと大人であろうと遠視には視力の矯正が必要となりますが、眼鏡だけでなくコンタクトレンズでの視力矯正もできるものなのでしょう。コンタクトレンズといえば近視用が主に知られていますが、遠視用のコンタクトレンズももちろん販売されています。遠視用のコンタクトレンズの使用方法も近視用と同じようで何ら変わりはなく、遠視用のコンタクトレンズの方が近視用のコンタクトレンズに比べて疲れやすいとか、目が乾きやすいというようなことも起こりません。遠視用のコンタクトレンズは、眼鏡による矯正に比べれば目が乾きやすくはなりますが、大人の方には眼鏡よりもコンタクトレンズを選択する方が多くもあります。その理由とはどのようなことが挙げられるのでしょう。遠視を矯正するためのレンズは、虫眼鏡と同じ凹レンズになります。そのため眼鏡をかけることで、通常よりも目が大きくなってしまう難点があります。特に女性であれば眼鏡によって目が大きくなってしまうことを嫌がる方が多いため、遠視用のコンタクトレンズを選ぶ方が多くなっているのです。遠視用のコンタクトレンズにも近視用と同じように、ハードコンタクトレンズもソフトコンタクトレンズも販売されています。どのタイプのコンタクトレンズを購入するかは、眼科医の診断を受け、自分のライフスタイルやそれぞれのコンタクトレンズの特徴を踏まえた上で決定していきましょう。またコンタクトレンズを使用するときは、使用上の注意をよく読み、正しいケアと使用を心がけるようにしましょう。