メインイメージ画像

ソフトタイプのコンタクトレンズは値段だけでなく特徴で選びましょう

コンタクトレンズにはソフトとハードがあります。それぞれに長所や短所がありますが、現在はより装着感が良好なソフトタイプのコンタクトレンズが主流で、その中でもワンデーやツーウイークなどの使い捨ての人気があります。その中でもさらに酸素をよく透す酸素透過性コンタクトレンズや、潤いを保ちやすいシリコーンタイプなどさまざまなものがあり、その種類によっても値段が異なってきます。コンタクトレンズは目に直接つけるものですので、ドライアイや角膜を傷つけるなどのトラブルもよく起こります。

安いからといって安易に自分の生活スタイルと異なるコンタクトレンズを選ぶと、のちに重大な目のトラブルに巻き込まれてしまう場合もあります。そのため値段も大切なことですが、自分の生活スタイルに合ったものを選びましょう。

たとえば、パソコン作業を主に行うお仕事をしているならば、まばたきの回数が減少して涙が不足がちになりやすく、ドライアイなどの症状が出やすくなります。もちろん点眼でも予防はできますが、潤いを保ちやすいシリコーンタイプのレンズを使うとよりトラブル予防に効果的になります。



また、普段忙しく時間に余裕のない人やよくお化粧をする人などは、レンズケアを怠ったり化粧品がレンズに付着してしまったりなどして、不衛生なレンズを着用し続けてトラブルになる場合もあります。そのため、そういった方には連続使用を行わないワンデーなどの一日使い捨てタイプが適しています。また、激しいスポーツをする人にも一日使い捨てタイプはおすすめです。サイズが大きく目から剥がれにくいからです。