メインイメージ画像

ソフトのコンタクトレンズはタイプによってかかる値段が違います

コンタクトレンズを購入する際に気になるのはまず値段がどれくらいかかるのかということです。コンタクトレンズにはハードとソフトの二種類があり、そのうちソフトのコンタクトレンズには交換時期の違いでも値段が変わってきてしまいます。眼鏡などと同様に毎日使用しなければならないものなので、一箱ずつ購入するよりまとめ買いをして少しでもお得に購入できたらと思うのは当然です。日によって眼鏡とコンタクトレンズを使い分けている方でもやはり高く購入するよりは安く購入できた方が助かります。販売している場所もそれぞれにあり、眼科の場合やコンタクトレンズ専門店やドラッグストアなどでも置いてあるので、どこで購入するのが良いのかと迷う方もいるでしょう。それにお財布事情などもありますし確かに安く買えた方が良いとはいえ、あまりに価格が安いものだと直接目につけるものなので、どこか不安になってしまいます。

初めてコンタクトレンズを使用するという時は、まず眼科で必ず検査をしてもらうことが目の状態の把握と数値の確認が絶対に必要になるので、その場でコンタクトレンズを購入すると病院の初診料や診察代にプラスしてコンタクトレンズの代金がかかります。その他では視力の検査もしてもらうことのできるコンタクトレンズの専門店などに行くこともあるでしょう。数値もきちんと把握していて次第に使い方に慣れてくればネットの通販などでまとめ買いをするということもできます。今では国内正規品のコンタクトレンズでも送料が無料で利用できるというお店もありますのでいろいろなお店を比較して購入するのがよいと言えます。

ソフトのコンタクトレンズにはワンデータイプと2ウィークタイプとあるのですがこの違いは何かというと、ワンデータイプは開封して1日の使用期限なのですが、1日のうちに朝つけてたとえばお昼に外してしまった場合は新しいものと交換しなくてはなりません。朝につけて夜に外したら翌朝は新しいものを使うという使用法が一般的なのですが、途中で外さなければならなくなった時などは続けて同じものを使用してはいけません。必ず新しいものを開封して使用するようにして下さい。そして2ウィークのものは開封してから2週間が使用期限です。2週間の間に使わない日があっても開けてから14日経っていたらもう使えないので、新しいものを開封して使わなければなりません。そして、その期間中はきちんとレンズケア用品を使ってコンタクトレンズを清潔に保たなくてはなりません。そう考えると2週間使えるのだからとお得感は2ウィークタイプの方にあるような感じがしますがケア用品などを別に用意しなくてはならないことや、使用頻度が毎日ではないという方や毎日使っている方でも他にケア用品を準備することが全く必要ない使い捨てのワンデータイプのものを購入したほうが結果的にはお得になります。一度目に付けたコンタクトレンズには雑菌が付着しています。それを正しいケアをせずに再利用してしまうと保存液の中で増殖した雑菌を自分から目に付けている状態になってしまっているのです。

大前提として言えるのは、価格が安いからと正規品でない商品を購入して、眼科できちんとした検査も受けずに通販などを利用して勝手に購入し適当なものを使用しない、ということです。自分の目に直接装着するものなのですから、何かあってからでは手遅れです。そうなってしまってから後悔や反省をしても取り返しがつかない状態になってしまっていたとしたら、どこにも気持ちをぶつけることができません。通販で購入するとしても正規品であることと安全であるときちんと認可を受けている商品を選んで購入するようにし、表示されている使用法やケアが必要なものに対しては手入れを怠らないようにしましょう。眼鏡よりもコンタクトレンズのほうが視界は良く、邪魔にならないため使い勝手の良さや外見などを気にする方などとても便利に使用できます。普及している商品だからこそ安心で安全なものを選びましょう。